車の運転免許は18歳から!免許は自分にあった方法で取得しよう


運転免許の取得方法と教習費用を解説

自動車の運転免許を取得できるのは満18歳からです。公安委員会の実施する運転免許試験に合格すれば取得できます。運転技能が学べる自動車教習所を卒業するまでにかかる期間はおよそ2ヶ月ほどです。教習にかかる費用は総額で25万円から35万円ほどとなっています。短期間で運転免許の取得を目指す人は合宿免許の利用も検討しましょう。合宿免許を利用すればATなら最短で14日、MTなら16日での免許取得も可能です。この合宿免許を利用した教習費用は宿泊滞在費を含めてもおよそ20万円ほど。短期間で集中的に運転技能を学べることに加え、リーズナブルに運転免許を取得することができます。運転免許試験は住民票を置く自治体の運転免許センターで受けることになります。いわゆる一発試験での受験も可能ですが、一発試験での合格は非常に困難なので、運転免許の取得を目指す人はいずれかの自動車教習所で運転技能を磨いてから受験することをおすすめします。

車輛免許の種類!準中型は18歳でも取得可能

運転免許の種類には普通免許のほかにも準中型免許、中型免許、大型免許といった区分が存在します。準中型免許、中型免許、大型免許は、トラックなどの大型車両を運転するのに必要な免許です。普通免許で運転できる車は車両総重量3.5tまでとなっており、基準以上の大型車両を運転するには準中型免許などを取得する必要があります。中型免許と大型免許は普通免許を取得した後でなければ受験することができません。しかし、準中型免許は普通免許と同じように18歳から受験することができます。準中型免許を取得すれば普通自動車の運転も可能です。仕事などの都合で車両総重量7.5t未満のトラックを運転する可能性のある方は、準中型免許の取得を目指しましょう。

合宿免許は、短期間に集中して免許を取得できるところや、プチ旅行気分が味わえるところなどがメリットとなっています。