消泡剤の効果とは?リン酸処理で綺麗に仕上げよう


消泡剤とは?消泡剤を用いる効果について

消泡剤とは、気泡が出来てしまうと美しくないものに対して泡を消す作用をもたらしてくれる添加物です。泡が発生してしまうと工程上よくないものは様々で、金属の加工から豆腐といった食品まで幅広いです。そのため消泡剤にも多種多様な種類があり、金属に用いられる消泡剤にはHLB値の高い界面活性剤が使用され、食品や直接肌に触れる化粧品に対しては消泡効果を残しつつ更に毒性のないシリコーンオイルを水性エマルションとしたものが用いられています。

金属加工の工程で消泡剤を用いるのはなぜ?

消泡剤の効果は、「泡を消す」ことがわかりました。確かに豆腐の中に気泡があると美しくないですものね。ですが、金属加工にも消泡剤を工程として用いるのはなぜなのでしょうか?実は金属を守るために消泡剤はとても重要なのです。金属加工の工程のなかに「リン酸処理」という表面処理があります。このリン酸処理の目的は金属の錆や腐敗を防ぐためです。リン酸による強力なコーティングを行うことで、鉄や亜鉛メッキ製品を守り、長持ちさせることができます。では実際の工程から、消泡剤を用いる大切な理由を説明していきましょう。リン酸処理を行う前には洗浄を行います。この洗浄の作業は、重要な作業で汚れが完全に落ちていなかったり、洗浄の際の泡が完全に消えていないと、後に行うリン酸処理の効果が激減してしまいます。その際に用いられるのが消泡剤なのです。洗浄後、消泡剤を使用して完全に泡を消してからリン酸塩処理浴工程に入ります。

消泡剤には高級アルコールを使った物が存在します。即効性や持続性に優れており、高粘性の泡に対しても高い効果を発揮します。