長寿命かつ熱くならず、明るさや色を変えられるLED照明が便利!


LED照明は寿命が長く、熱くなりにくい照明として人気

発光ダイオードを使ったLED照明のメリットは沢山あり、中でも長寿命なことが知られています。白熱電球と比べると、その寿命の長さは何倍にもなることがあり、電球が切れて交換する手間を減らせるのが大きなメリットです。電球が切れると、新しく電球を購入するためにお金が必要でコストも掛かります。ですので、買い替えのスパンが長くなるためコスト削減が出来ることもあります。更に、LED照明は発熱性が低いのが特徴です。白熱照明を何時間も付けていると、電球自体が非常に熱くなってしまいます。うっかり電球を触ると、熱くなったその電球で火傷をしたりびっくりしてしまう方も多いです。しかし、LEDは白熱電球に比べると熱くなりにくく、そんなことも少なくなります。

低消費電力で価格も近年は安くなってきている

そして、もう一つのLED照明のメリットは低消費電力設計ということです。これもまた白熱電球と比べることになりますが、白熱電球に比べるとLED照明は発光効率が非常に良いため使用する電力は非常に少ないです。低消費電力ということは、電気代も関わらないということですので、電気代削減にもなってきます。また、LED照明が登場した当初は、高度な技術を使っているため価格がやや高めでしたが、現在は生産性の改善などにより、安く製造することが可能になって低価格かも進んでいます。ですので、一般消費者にとっても手に入れやすくなっています。今まで白熱電球を使っていた方や、蛍光灯を使っていたという方は、それらの照明の寿命が切れた時はLED照明に取り替えてみるのも方法です。

LEDライトパネルとは、導光板というパネルを使うことで、表面全体にLEDライトの光を出すことができます。飲食店の看板や、展示会で多く使われています。